地上デジタル放送・地デジで失敗しないために番外編① : ダビング10

最近よく耳にする、ダビング10。でも、ダビング10っていったい何?地デジやデジタル放送と何か関係があるの?そんな疑問に今回の『早わかりガイド 番外編① 』でお答えします。


まず始めに、ダビング10とは

わかり易く説明すると、2008年7月からデジタル放送全般で運用開始された、テレビ番組などの著作物を不正なコピーから保護する為のルール(仕組み)のこと。

+補足

ダビング10運用開始以前は、コピーワンスという同様のルール(仕組み)がありましたが、コピー時にコンテンツが失われてしまう、バックアップ用のコピーを作成できないなど、利用する上で様々な不便な面があった為、その緩和・改善策として提案、運用開始されたのがダビング10です。


もっと詳しく、ダビング10(コピー9回 + ムーブ1回)

では具体的に何ができて、何ができないのか。まず、ダビング10でできる事から。

ちょっとその前に、ダビング10で言う『コピー』と『ムーブ』のご説明。

『コピー』とは、録画した番組の複製を作成すること。
『ムーブ』とは、HDD等に保存された番組データを、他の記録媒体(HDD、DVD、SDカード等々)へ移すこと。

一見ムーブはコピーと何ら変わりはありませんが、ここで注意したいのはムーブを行うと、HDD等に保存されたオリジナルの番組データが削除されるということ。

  1. ダビング10で、できる事

    ダビング10では、HDDレコーダーなどに録画した番組のコピーを9回まで作成できます。残りの1回はムーブ。10回目のムーブを行うと、オリジナルのデータは消去されます。
  2. ダビング10で、できない事

    ダビング10では、DVD等の記録媒体に複製された番組データを、更に複製する事はできません。複製の複製は駄目!ってことですね。

+補足

直接DVDやブルーレイディスク等の記録媒体に録画するタイプのレコーダーはダビング10には対応していない為、従来どおりコピーワンスのルールが適応されます。


自分のレコーダーはダビング10対応?

録画機器の全てがダビング10対応というわけではありません。

ダビング10運用開始以前に購入した、販売されていた録画機器の中にはダビング10に対応していないものもあります。現在販売されている機器の殆どがダビング10対応だとは思われますが、購入の際はダビング10対応済みかどうか確認するひつようがあります。

全てではありませんが、最近のテレビやレコーダー等の機器は自動で内部のソフトウエアをアップデートする機能が内蔵されています。インターネットやデジタル放送波を利用しアップデートデータを受信し、ダビング10に対応する場合があります。

尚、各機器のダビング10対応、アップデート機能の有無、アップデート機能の利用方法に関しては、取扱説明書を参照するか販売店・メーカーに問い合わせる事をおすすめします。