ワンセグ対応携帯電話で観る

移動する端末、例えば、携帯電話やカーナビ、ノートパソコン、ポータブルテレビ、ゲーム機など向けのデジタルテレビ放送やデータ放送のことを言います。地上デジタル放送・地デジの電波は13のセグメントで構成されていて、その一つ(ワンセグメント)を使って放送のサービスが行われています。

このワンセグは、移動などに強く、高速移動中でも(電波が入れば)放送を観ることができます。こうしたワンセグ対応の端末には上のロゴがついています。


現在、各携帯会社から多くのワンセグ対応携帯電話が販売されています。

それぞれの機能は様々ですが、主に以下のような特長があります。

  1. デジタルテレビ放送が観られる

    電波さえ入れば(トンネルや地下、建物の中などの電波が弱い所以外)どんな所でも観ることができます!

  2. 放送局・番組連動のデータが観られる

    ニュースフラッシュ・天気・番組情報・番組連動双方向サービス(番組参加)などが楽しめます

  3. 字幕表示が観られる

    音を出せない状況では、字幕表示が大活躍。表示が必要なければ設定で消すこともできます。

  4. 携帯電話で番組録画ができる

    多くのワンセグ携帯で番組録画が可能です。気になる番組を気軽にとって携帯電話でチェックできます。携帯電話のネット通信を使った番組表(Gガイド番組表)で予約も簡単にできます

  5. 視聴料金が無料

    受信料やパケット料金がかかりません。ただ、携帯電話のネット通信を使用した番組表などを使用した場合、パケット料が発生する場合があります。

こんなに楽しくて役立つワンセグ携帯ですが、NTTドコモ、AU(KDDI)、Softbank(ソフトバンク)など、それぞれの会社によってどんなモデルが発売されているのでしょうか?

携帯会社別・ワンセグ対応携帯の特長へ