地上デジタル放送・地デジで失敗しないために② : 何が必要?

自分の場所が視聴エリアだった場合でも、今までのアナログテレビでは地上デジタル放送・地デジは見ることはできません。では何が必要でしょうか?

  1. 地デジアンテナ

    UHFアンテナ

    UHFアンテナ

    なお、住んでいるのが集合住宅でその住宅に地デジ受信用アンテナが設置してあれば、管理者に問い合わせれば対応してもらえるでしょう。

    ただ、一戸建てなどで設置してない場合は用意が必要。地デジ受信用アンテナには屋内用や屋外用があり、価格はだいたい1万円程度。通販や家電量販店などで販売しているので購入・設置する。

    このサイトでもどのような地デジ専用アンテナがあるか検索できるのでアクセスすべし!→地デジアンテナ

  2. 地デジチューナー

    さて、地デジ専用アンテナが用意できたら、次はチューナー。最新の地デジ対応テレビにはチューナー内蔵のものがほとんどなので問題ないが、古くから使っているアナログテレビには、地デジチューナーが必要となる。

    このサイトでもどのような地デジチューナーがあるか検索できるのでアクセスすべし!→地デジチューナー


以上を用意することで見る環境は整ったわけですが、実はアンテナを設置しなくても見る方法があります。

それがケーブルテレビです。

自分の地域にケーブルテレビがある場合、その会社を通じて地上デジタル放送やBSデジタル放送を視聴できます。
ケーブルテレビでの地上デジタル放送・BSデジタル放送についてはこちらで詳しくご説明しましょう!

ケーブルテレビで観る

さて、アンテナやチューナーの準備ができても、今までのアナログテレビでは、地上デジタル放送・地デジの本領発揮とはいかない…

では、どうすればいいのかこちらをどうぞ!→地上デジタル放送・地デジで失敗しないために③