地上デジタル放送・地デジで失敗しないために⑥ : パソコン

もちろん、テレビなどと同様、パソコンでも地デジを観ることはできます。

ではどうすればいいのでしょうか?以下の3つが考えられます。

  1. 「地デジ対応パソコン」を購入する方法

    地上デジタル放送・ハイビジョン放送に必ず着いてくるのがB-CAS(ビーキャス)カード。

    このカードはデジタル放送の不正使用を防ぐ目的があるため、信頼できるメーカーの機器にしか発行されない仕組みになっています。そのため、メーカーが発売した地デジ対応パソコン以外のパソコン(自作を含め)はないと考えた方がいいでしょう。

    現在、大手メーカーから発売されている地デジ対応パソコンは、ハイビジョン対応大画面液晶パネルとブルーレイディスクドライブを備えたものが主流です。メーカーの地デジ対応パソコンはスペックなどが地デジを見るためのものになっているので、簡単に安心して地デジを見ることができます。


  2. 「デジタル放送対応ハイビジョンテレビキャプチャーボード」をパソコンに拡張する方法

    キャプチャーボード

    さて、ちょっと難があるのは、地デジ対応でないパソコンで地デジを見たいという場合です。

    この場合、パソコンのPCIやUSBに機器を拡張することで地デジを見ることができる可能性があります。

    できる可能性と言ったのは、パソコンの持つスペックが問題だからです。

    細かなスペックは購入する機器などに明記されていると思いますが、標準的な基準を参考までに示しておきたいと思います。

    まず、OSですが、Windows XP(SP2以上)もしくはVISTA。CPUはintel Core2 Duo E4300以上もしくはAMD Athlon64×2 3800以上は欲しいところです。メモリーはたくさんあった方が良いと思いますが、拡張する機器に推奨がかかれていると思います。ディスプレイもフルハイビジョンで見るにはHDCP対応のディスプレイが必要です。

    以下、各パソコン機器メーカーから出ている地上デジタル・地上チューナーの商品を紹介しておきましょう。

    【アイオーデータ】 【バッファロー】 【ピクセラ】 【エスケイネット】 【ソニー】


  3. 「ワンセグチューナー」を拡張する方法

    ワンセグチューナーで見る場合は、かなり、ハードルが低くなります。ワンセグで見られるのはあくまで「地デジ」というコンテンツだからです。なのでフルハイビジョン、高画質じゃなくても良いよって方、手軽にパソコンで地デジが楽しめれば良いという方向きです。市販されているワンセグチューナーはUSBにさすタイプがほとんどです。

    以下、各メーカーごとに販売されているワンセグチューナーをUPしておきましたのでご覧ください。

    【アイオーデータ】【バッファロー】【Logitec】【コレガ】【エスケイネット】【トライウィン】【SUPEX】【ウィッチ】【Bullwill】【ELSA】