人に優しいデジタルテレビ

テレビが特定の人だけが楽しむ時代はすでに終わりました。どんな人でも楽しめるのがテレビです。

そのため、デジタル放送では、聴覚障害者の方が楽しめるように字幕放送の対応が進化しました。

今までは字幕放送の機器を設置するなどしなければ、字幕を見ることができませんでしたが、デジタル放送では、スタンダードな機能として字幕放送を見ることができます。こうした字幕放送は、聴覚障害者の方だけに便利というわけではありません。一般の方でも音を出せないような状況で字幕を見て番組内容を理解するという方法もとることができます。

さらに視覚障害者の方には、主音声とは別のチャンネルを使って、解説放送を行うなどのサービスもあります。

どんな人でも楽しめる、それがデジタル放送テレビなのです。